Get Adobe Flash player

古民家から出てきた焼き芋器?



古民家には、代々使われてきた


とても珍しいものが沢山出てきます。






この焼き芋器?も、昨年売買した


古民家から出てきて、


廃棄処分すると言われるので


私が引き取ったもの。






独立した小さなかまどのような焚口があり、


何とも言えない風合い(*^。^*)






先日、本当にお芋が焼けるか試したところ、


めちゃくちゃ美味しい焼き芋が出来、





たまたま遊びに来ていた子ども達が競争で食べていました(^o^)丿



出来上がるまで、約1時間。



今年の冬は、古民家みとうで焼き芋を作っては、


いつもお世話になっている方へ持っていこうと思う(笑)



にしても、、、100年以上前のものなのか、



ネットで調べても出てこないこの焼き芋器。



「母親はこれでパンも焼いていた」と80代の所有者からは聞いている。



そしてとにかく何が凄いって、この焼き芋器を囲み、



芋を投入すると、この焼き芋器の話しで盛り上がり、



あっという間に芋が焼ける1時間が過ぎ、



そこでまた「美味しい!♡」


と芋が美味しく出来る事の話しに花が咲く!!



もの凄いコミュニティーの道具だ(#^.^#)



自分がおすすめのお芋を持ち込んで



焼くもよし!パン生地を持ち込んで焼くもよし!



皆さんもこの焼き芋器、楽しんでみられませんか?



連絡お待ちしてます(^^♪

(ちなみに、4日、11日、18日、25日 古民家みとうにおります)


 
カテゴリー:古民家, お気に入り